意外に大丈夫やで

ワタクシは今、とある日本語学校で教務主任をしている。

この経験は貴重だった。

自分に主任なんて…と思っていたが、やってみたらできるもんで、なんとなく

できたはできた。

なんの不自然もなく、何の支障もなく、何の抵抗もなく。

 

前の仕事ではただの専任教員だったが、学校規模がなんせ大きく、今やってる教務主任と同じかそれ以上しんどい仕事だった。

部下も今より多かった。

あ、「部下」って非常勤講師の方々のことね。

 

今は部下ってっても専任だし。非常勤講師二人だけ。

 

辞めるってったら、きっと今は私がいなくなった時の準備にみんな入っている。

私は引継ぎ書類の作成に入ればいい。

寂しさも未練もあるがそれは仕方のないことなのだ。

今は自分の人生のリセットと息子のことに専心したい。

 

かなり仕事が邪魔だ。

確かに疲れもしたし。

 

この「疲れ」とは

働かないといけないし、働きたいし、なんか仕事上の意欲もあるけど、

それでも辞める気になっていて、かつ家族も辞めることに賛成している

くらいの「疲れ」だ。

 

ところでワタクシは、あと1年日本語教師をやると

日本語教育歴25年

を名乗ることができる。

よって、あと1年はなんとかしたいと思っている。

ソース画像を表示

ともかく、意外に何でもできる、と言いたい。

 

常勤講師

専任

教務主任

進学担当

 

やる前は、できるかしらん?

と思ったりするが、

やってみると意外と何とかなる。

 

そんなお仕事人生だった。

 

仔羊おばさん