さらにお別れが2人…ーちょっと厳しい話をするー

今日は、これまで一緒に授業を担当していた二人の先生に、

「四月からの授業はご準備できません…」という連絡をした。

2月末の時点では、私とあと四人の非常勤の先生しかいなかったから、オファーをしてたのに、今になって、別部門の専任教員の手が空いたので、それらの先生が日本語学校のほうに回ってくることになったのだ。

あと、モノになるかならんかわからない新任の専任教員も一人入る。

こんなふうに、人事は玉突きで変わる。

もちろん、ワタクシが「ご準備できませんでした…」を告げた二人の非常勤講師に対する私自身の評価は低かった。

一人の先生は何回注意しても極端な方言を直してくれなかったし、

もう一人は授業後、ほとんど学校に残ってもらえないような先生だったから、ちょっとやりにくかった。

f:id:from55life:20181209210917j:plain

大事な話をしますぞ。

 

こういうふうに、下の立場の人から、仕事って切られたりする。

 

私自身、首の経験もある。

非常勤講師の時代もあった。

現実はすごく厳しい。

そこから得た私の教訓は、

人は上を目指さないかん

の一語に尽きる。

転職も、できたら「上を目指しての転職」が望ましいと思う。

今もしもパート・アルバイトなら正社員を目指した方がいい。

下っ端だったら上の役職を。

部課長なら社長を目指す。

女性の場合は103万の壁とか130万円の壁とかあるけど、私はそんなもん気にせず収入増を目指したほうがいいと考えている。年収160万円以上になれば損しなくなるらしいので、とりあえずそこを目指すのだ。

それでもまだその年収は本当に低い。

家庭とのバランスは大事だしなあ。ウーン、ここは答えの出ない難問ではあるが。

 

私の教えてる学生は、日本語力がなく、そうだとバイトのシフトを減らされたりして、

お金がないのがますますない状態になっていく。

同じ留学生同士の競争の中で、やはり「淘汰」ということが起きるのだ。

負けたらいかん!

這い上がるんや!

そういう意味では、学校でしゃにむに日本語を習得しないといけない!

身を入れて、口頭練習して、話せるようになって聞けるようにならないといけない!

そこが、今私が教えてる学生は弱いように思う。

宿題サボって、学校休んだり遅れたりして。

授業中スマホ触るとか。そんなことしてたら厳しい現実が待ってる。

 

だから、四月からはそういうことを学生に伝えたい。

日本語は、日本では命綱。

何をおいてもつかみにかからにゃ。

 

転職を目指す皆さん

就活のみなさん

負けるなガンバレくじけるな!

(; ・`д・´)

 

仔羊おばさん

卒業式が終わりー見事に「教師あるある」にはまったー

卒業式が終わり、同僚二人が退職しました。

それが金曜日のことで、昨日の土曜日は出勤日。

いやー、一人だと、仕事はかどったわー

(^_^)v

てのが、「教師あるある」じゃないんですよ!

 

「教師あるある」は、

授業がある時は病気にならないが、授業のない休みには病気になる。

です。

いやまあ、糖尿病患者ですから、授業があっても病人なんですけど、そういうのはおいといて。(糖尿は社会生活にあまり影響しない)

昨日の朝から、鼻水、くしゃみ、喉の痛み、

今日は体がちょーだるい。

風邪です…😢

ツライ

市販の風邪薬で鼻水は止まってますが、いやー今日は、滅多にならない腰痛も出てきて(5年に一回あるかないかくらいです、腰痛)、本当にしんどいです。

 

昨日は

一汁六菜カフェ

なるところに行ってきたんですが、あれ?「食べログ」にも「ぐるなび」にも入ってないゾ。

なんばCITY本館1F

という結構なショッピングモールに入ってるんですけどねー。

写真コレです。

f:id:from55life:20190317090313j:plain

白身魚のみぞれ煮

なるものです。

ごはんの上に120円プラスでしらすトッピング頼みました。

左上に見えている野菜は、見た目よりボリュームありました。

味噌汁は具がほぼなくて寂しかったです。

一日のカロリー摂取量1,600Kcal目安の私にしては、「ごはん少な目でお願いします」と一言いうべきだったかな。

(^^;)

でも、野菜と魚の分量はバッチリよ!

お味の方は、こういうのは期待しないほうがいいんですよ。

まずくなくておいしい。

それで満足すべきです。

あと、塩分に注意、って方はこれでもまだ厳しいかなあ…

カロリーもバランスもばっちりで、かつ美味。は、ここに軍配が。

野菜のおいしさも一級なんですよね。

全国展開と言い難いので…

大坂以外は東京と沖縄にあるそうです。

 

明日また出勤。

 

風邪よ治れー

(>_<)

仔羊おばさん

 

今日は面接2人 明日は退職2人 そして学生は卒業

今日は面接、というか教員採用のため、模擬授業2人。

一人は採用、一人は現時点で使い物にならず、かつそう研修にべったりついてもいられず、たぶん不採用。

それでも人手不足。本当は授業頼みたい。でも、教壇にすぐには立ってもらえない。ということは採用できない、という結論。

 

明日は同僚二人の退職

 

その前に、第一期生の卒業式。

泣くかな?

泣かないような気がとてもする。

 

出会いも別れもあります。

 

いい先生に辞められるのは痛いけど、それぞれに未来もある。

 

そういう意味では引き留めても無駄だし、意味がない。

 

私の人生はこれからどうなっていくのかな、とふと考えた…

f:id:from55life:20190127231226j:plain

仔羊おばさん

 

転職の悩みは尽きないー人手不足の売り手市場ー

我が職場の近くに、別の日本語学校ができる。

そして、その学校の教務主任の募集が「日本村」という、この業界の人々が常に見ている求人サイトに出ている。

なんと給料は30万円だ!

( ゚Д゚)

近々転職して教務主任になる、わが同僚がその募集を見て、ココロ揺れていた。

実は私も揺れている。

上記の募集もそうなのだが、ここ最近の我が日本語業界の人手不足はすさまじく、主任はじめ、専任、非常勤どれも不足不足!

先日は、我が家を訪れた妹夫妻にまで

あのなあ…誰か、日本語教師になりたい人とかおれへん?

と聞いてしまった。

 

日本語教師には資格が要るので、ど素人がいきなり教壇には立てない。

420時間の専門の受講+大卒。

大卒でない場合は、上記にプラスして日本語教育能力検定合格が必要。

 

ワタクシが40歳でこの業界に舞い戻った時には、非常勤でたとえ大卒でも、さらに上記の検定合格がないと雇ってもらえなかったので、それよりは随分ハードルが下がっている。

それでも不足なのだ。

更に、これまでは技能実習生、留学生が単純労働を下支えしてきていたが、この4月からは「特定技能」なるビザも出現する。

するとますます教師が不足しそうなのだ。

ただ、技能実習生や特定技能の人たちへの日本語教育は、おおむね1か月半~2か月程度が1クールにはなっている。

日本語学校は1年半か2年が学習機関になる。

この二つを並走させるのって結構大変である。

 

モカク、人がいない、人が!

 

おまけに「誰でもいい」ってワケにもいかない。

やはり、学生がついてくるだけの授業はできないといけない。

 

すると、本当にいないのだ。

我が校のような後発弱小の日本語学校は、1人前に育ったと思ったら、待遇のよい他校に人を取られて終わり…。

 

で、中小は先細り、大手は栄える。

f:id:from55life:20181128234813j:plain

助けてくれい!

 

「給料のよい新規校」は誘惑だが、一方で、この業界に長くいる私から見ると、給料の多いのも考えもんだという予感もする。

すごい残業を期待しているとか困るし、来る学生の質とか、経営者の姿勢や他のスタッフの質とかもとても重要な要素で、そういう点でワタクシの勤める今の日本語学校はかなり「まとも」なので、私はきっとその新設校に履歴書を送ることはないと思う。

 

ただ、今の職場が「週休二日になればいいのに」と、ささやかに願うばかりだ。

とちあえず大好きな奈良美智の作品の写真を貼る。

f:id:from55life:20181208163800j:plain

仔羊おばさん

いかんせんパソコンは人並み程度しかわからんもんで

皆さま

のっけから申し訳ございません。

<(_ _)>

 

ドメインの更新」というのに失敗してしまっております。

実は、それが一体、どういうことなのかもそうわかっているワケではないのですが、

ともかく事実として、そういう状態なので、

突然このブログが消えても、ご容赦ください…。

 

私は、ワード・エクセル・パワポはまあまあ使えるけど、高度なことは何もできないし、まあいかんせん、パソコンは人並み程度にしかできん、ということで。

 

仔羊おばさん

年間休日105日・120日・それ以上

糖尿病の血糖値コントロールのため、生活改善中です。

具体的には、1日に合計で2時間ほど歩く生活にしています。

それで、このブログの更新も途切れがちなのですが、

読んでくださって本当にありがとう!

<(_ _)>

f:id:from55life:20181009210828j:plain

読んでくださってる方がいると思うと、うれしいデス。

生きててヨカッタ。

さて、今日は「年間休日」がテーマ。

 

ワタクシは前職は、年間休日が137日もあった。夏休みも2週間から3週間近くあった。

だけど、年契約の非正規雇用だったから、ええい!と思って正社員を目指した。

今の職場は年間休日105日だ。

( ゚Д゚)エエエ

少なすぎます。

その、年間休日105日の現実から。

 

まず、第二、第四土曜が休みだが、一、三、五は出勤である。

ネットで検索すると、「そんなとこには就職するな」と言う。

ワタクシも同僚も週休二日にするように運動はしている。自分のためというより、このままでは人が来ないからだ。

まず、ワーキングマザーとか、介護を抱えているとかだとなかなかキビシイ。実際、私もこの会社に入って、母に会いに帰る回数が激減した。

もう一つは、「世間体」だ。

私なんか心の中で社の幹部に対して「恥ずかしくないのかな?」って思ってる。

知り合いとかをうちの会社にスカウトしたいのだが、イマドキ週休二日でない会社にあえて飛び込まんでも他にいくらでも仕事はある。口に出すのも恥ずかしい、という思いも私にはあるから、なんか誘いにくい。

あと自分自身の体験で言えば、若い人や体力気力が充実している人には問題がないんだろうけど、体力的にまた精神的にしんどい。

私は、仕事のことを考えてると、頭がぱんぱんになる感じがして、すごく煮詰まりやすい。気分転換を意識的にがんばっている。けど、週に一日の休みだと用事をこなして終了、って感じですよ。

 

けど、意外にもというか、予想通り、かなり勤務に融通が利く。

ワーキングマザーでも介護を抱えていても、もしかしたら、その点だけはよい。

半日休や勤務時間の振り替えなどかなり自由だ。

私は、子供が小さかった時とか、学生だった時、この「融通」がきいてくれたらどんなにいいか!と、ずっと夢見てきた。

ちょっと2,3時間の休みがもらえれば何とかなることなのに、一日まるまる休む。

けどどうしてもその日にしないといけないことがあるのに休むと結局自分の首を絞めることになる。だからといって出勤すると短い時間の勤務はないから、ただ働きとなるのだ。おえええ。

わたしは日本語学校の教員だが、その点、今の職場は授業時間さえしっかり出勤してれば、あとは結構融通がきく。約束の時間を満たすように月単位で出勤調整すればよいのだ。

次に、持ち帰りの仕事が少ない。これも自分次第ではあるが、授業の準備も学生の提出物のチェックもテストの作成も全部学校でやればいい。

日本語教師の業界で言えば、週休二日は当たり前だしそれ以上のところも多いけど、一方で「持ち帰り仕事は前提」みたいな業界でもある。形だけ「休み多いよ」と言っていても、そこにはかなりな嘘もあるのだ。

というわけで、年間休日が130日とかはいいはいいけど、落とし穴に注意したほうがいい。結構激務かもしれないし、持ち帰り仕事がばんばんあるのも考えものだ。

 

そうなると、年間休日は120~125日程度で、有給の取りやすい会社、そして正社員、というのが間をとってよさそうだ。

 

年間休日は給料とのバランスで考えないといけないところもある。

年間休日がそれなりに多くて、給料もよい、というのはやはり「東証一部上場」の「正社員」で、「本社東京」というのが中心ではないだろうか。

 

私が働いてきたのでも、「東証一部上場」の「正社員」は、やはりその辺がしっかりしていた。

融通がきかない、また変なやつがいる、とかあるのかもしれないが、若い時にそういう職場を目指して就活はすべきだと思う。

そして、そういう職場をゲットしたら、軽々に放さないことをお勧めする。

50代になって「ああ定年まで勤めたら退職金〇千万だ」とか思えるだけでも違う。

私は今正社員だからボーナスももらえるし退職金もあるけど、勤務年数があまりに短いから退職金もせいぜい10万とかだと思う。

転職は楽しさもあるが、そういうしっぺ返しもあるので、やはり転職は慎重に!

(;^ω^)

私に学んでください、皆さん。

 

仔羊おばさん

 

 

 

新聞記事から

こんな新聞記事を見かけまして

f:id:from55life:20190306234938j:plain

非正規で14年も働いたワタクシとしては、

そして、子供を育てながら働き続けてきたワタクシとしては、

そしてその生活の中で、「あーすればよかったこーすればよかった、もっと子供と過ごせばよかった」と後悔しているワタクシとしては、とっても心が揺さぶられました。

それに、私が若い時とほとんど変わってないじゃないの、この現状!

 

出産を機に仕事を辞めて、その後離別・死別で正規雇用に就くのは、相当難しいらしい。(確かに難しい。私も難しかった。)

 

問題なのは、仕事を辞めずに結婚生活や子育てと仕事を両立するのがチョー大変な上に、そんな生活をして、後からその時代を振り返ると、なんか後悔してしまうことだ。

 

つまり、流行りの「ワーキングマザー」が、必ずしも「幸福」とイコールではないということだ。

これが「ワーキングマザー」=「幸福な生き方」と、イコールで結べるなら、きっとみんなワーキングマザーを選択するようになるんだと思う。

でも、そうじゃない。

働き続けると、結局、何かを犠牲にするっていう現実。

働き方改革」で、もうちょっと仕事が楽になればいいんだろうけど、それは一朝一夕にはいかない。

はー女性の生き方は難しい!

 

私自身は、子供が育った後、なーんにもない、って人生は嫌だなと思って、

経済的な基盤がなくて立場の弱かった母みたいになったらあかんと思って、

働き続けてきたんだけど、

一方ですっごい後悔があるもんなー。

 

だけど、この新聞記事を見る限りでは、なかなか厳しい現実があると思う。

ワタクシは主人が外国人で、ある意味頼りにならんかったから、働くっていう選択しかなかったって側面もあった。今また主人が病気で伏せってて、あーもー自分がしっかりしないといけない!って今また思っている。

f:id:from55life:20181227013104j:plain

マジ。

 

仔羊おばさんは、今日も気丈に頑張ってマス!

(; ・`д・´)

仔羊おばさん