週休二日を待ち望むー才能に目覚めよう!ー

今週のお題「読書の秋」

 

来年の社員の休み&出勤日

来年の学校の授業日その他行事のカレンダーを作る、

ということでほんとは土曜日休みを取ろうと思ってたんですが、出勤しました。

ワタクシこと仔羊の職場は週休二日ではありません。

これは、良い面も悪い面もあります。

良い面は、持ち帰り仕事が減ること。

教職はどうしても持ち帰り仕事があったりして、それって脳にはすっごくよくないです。週休二日くらいで、かつ持ち帰りの仕事を極力少なくして、脳を休ませることがとっても大事です。

土曜出勤の悪い面は脳が仕事ばっかになってしまうことです。

土曜の仕事は、でも、私の「才能」を活かせる分野のことだったので、楽しくノリノリでできました。

(^O^)/

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
 

 この本はよかったっすよー

いろんな性格判断や、自己分析(発見)本がありますが、これは非常に正確で的確で、仕事の上での自分の強みを見つけるのに役立ちました。

本の売り方にも工夫がありますねー。

本一冊一冊のナンバーがないと、インターネットで診断できないようになっているので、絶対買わないといけないのです。

また、私の実体験で言うのですが、診断は繰り返せません。

2回同じナンバーを使うと、他人が使いまわしをしていると判断されちゃうからです。

すなわち、誰かから本を借りて、ナンバーを使って診断を受けることNG!

売り方うまい。

 

しかし、出版物はやはり、ネットの世界のものよりワンランク質が高い、というのは言えると思います。

やはり中身が精査されている、と感じます。

お手軽ではない。値段も張る。

けど、良い。

 

私はこの診断によれば「展望」というのに強みがあるそうで、実は土曜日にやった業務はまさにワタクシにとっては「水を得た魚」、脳にドーパミン出てるのが自分でもわかりました。

でも、休日は今日1日しかなく、今日は専門学校の入試に落ちてしまった学生のことをぐるぐる考えていて、ずっと一日悶々とし、

結果機嫌が悪い

という

悪循環

に陥ってしまいました。

やはり私には時間が必要。

休みが必要。

気分転換が必要。

 

あー週休二日よ、やってこい!

 

仔羊おばさん

 

コンビニコーヒー飲み比べ

ワタクシこと仔羊は、かなりなコーヒー党でございます。

といっても、そう味がわかっているわけではないので、今日の記事は、話半分くらいにお読みください。

比べるのは、セブンイレブンファミリーマート、ローソンのホットコーヒーです。

 

そもそもなんで「飲み比べ」なんて、さほど味がわかってるわけでもないのに挑戦したのかというと、

ある日ファミリーマートに行って、いつものようにホットコーヒーを注文し、さあ入れようとしたら

( ゚Д゚)

何このマシーン!

f:id:from55life:20181117004845j:plain

新しくなってる上にブレンドに「濃いめ」あり、そしてちょっとお高めの

スペシャルティコーヒー

が出現しているではありませんか!

これは、3種類とも飲まないではいられん!

 

ほなついでに他のコンビニのも飲んだれ!

 

という流れです。

 

まず セブンイレブン

私の周辺では、セブンイレブンのコーヒーは「おいしい」と評判なのです。

でも、私はファミマを主に利用してるので、セブンイレブンのコーヒーってあんまり飲んだことがなかったです。

で、飲んでみたところ、なるほど。

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

セブンイレブンのコーヒーは、濃い感じがしたし、私のようなコーヒー党には嬉しい、苦みがしっかりありました。

口の中に残った苦みがかなり持続しましたので、もしかして苦いのが苦手な方には、向かないのかもしれません。

すみません、主観ですので、責任は負いかねます。

真実はご自分の舌でお確かめくださいね。

 

次に我がファミマのコーヒーですが、ワタクシは特にファミマのコーヒーが好きで愛飲しているのではなく、単にファミマTカードを持っているので、ポイントをつけたい、ただそれだけでファミマに日参しているのです。

(ノД`)・゜・。ビンボー人ってそんなことをするのよ…

 

まず、オーソドックスに普通の「ブレンド

なんてこたーない、「コーヒー」です。

コーヒー買って、味がコーヒーなんだから、それでいいんです。

ともかく、コーヒーです。←しつこい

苦みは残りますが、そうでもないです。こくもあんまりないのかな。

ブレンド濃いめ」言われたら、「濃いめ」なのかな。

けど、セブンイレブンほど苦みが口の中に残らないので、私には物足りません。

スペシャルティコーヒー」

正直言って、私のように味のわからない人には、この「スペシャルティ」は、わかりません。

きっと開発された方とかは違いがわかっておられるんだと思いますが、私にはわかりませんでした。

ブレンド」と「スペシャルティ」に違いはあると感じましたが、「濃いめ」との違いはよくわかりませんでした。

これで160円あまりするのだから、私なら100円の「濃いめ」で節約します。

ポイントこつこつ貯めるぜよ!

(;・∀・)

 

次にローソンですが、ファミマの「濃いめ」「スペシャルティ」に近いです。

セブンイレブンほど口の中にいつまでも苦みが残るほどではありませんでした。

なんやこのローソンコーヒーに対する反応の薄さ

(>_<)

我ながら情けない。

結局、「飲み比べ」って言いながら、そう違いがわかる女じゃないんです。

(T_T)/~~~

ダバダー♪

f:id:from55life:20181107004759j:plain

 

コーヒーは好みです。

私は自分で入れる時も濃いのが好きなので、セブンイレブンがおいしいと感じますが、出勤中に飲むのなら、実際、味は薄くていいのです。

濃いとちょっと重い。

何が良いのかは自分のコンディションにもよりますよね。

 

仔羊おばさん

 

 

 

 

錦織は負けたが、侍JAPANは勝った

スポーツの世界は勝ったり負けたりの繰り返しであります。

そういうのを見てると、

仕事にも好調不調の波はあって当然かと。

テニスでは錦織君は負けてしまい、

一方で野球の侍JAPANNは強かったですね。

(MLBが強い選手を連れてきていなかったという声も)

 

まあ、そんなこんなでワタクシも、うまくいく日もあり、うまくいかない日もあり、生きてきましたし、仕事を続けてきました。

がんばったほどには「報われていない感」を持ってることは持ってます。

それは事実ですが…

 

でも、それは金銭的なもんであって、振り返れば私の仕事なりに報われてるとこもあります。

私が一番「報われた」って思うのは、

自分の教えた学生が幸せそうにしてるのを知った時

です。

でっかい家の前で家族写真を撮って、そういうのを送ってきてくれた時とか。

そりゃ、人間、大きい家があったって

家族がいたって

本当に幸せかどうかはわかりませんよ。

そんな内面的なことなんか。

でも、とりあえず

幸せそう

だけでええんです。

ふりだけでもできるんなら、それで、人間、十分ですって!

だから、そういうので私は報われるんです。

仕事をし始めた頃は、ちょっとした失敗でも辛かったし、ショックでしたが、なんだかんだ50代までやってこられました。

だから、若い方々には、失望せんとぼちぼち行けばいいよ、と伝えたいです。

山あり谷ありが人生ですから。

f:id:from55life:20181107004759j:plain

明日は、コーヒーを飲むぞ!

仔羊おばさん

 

紅葉の美しさに気づいたのは50も過ぎたあたりから

今週のお題「紅葉」

梅の季節には梅を見に行く人がいる。

桜の季節には桜を見に行く人がいる。

このブログは、50代で転職したワタクシこと仔羊が、転職と仕事の「よもやま話」を日々つづっているブログです。

 

紅葉の季節には紅葉を見に行く人がいるのだが、ワタクシこと仔羊はなぜだか、紅葉をきれいだと思ったことがなかった。

 

単純に、花の美しさは理解できても、葉っぱの美しさはわからなかったんですね。

「赤」の美しさもわかってなかったし、微妙な、様々な「赤」の存在にも気がついていませんでした。

f:id:from55life:20181114224750j:plain


この「赤」の魅力がわかったのが、50代に入ったあたりだったと思う。

それも、仕事がらみ。

ちょうど仕事で、学生を嵐山まで引率したんです。

その時、何枚か写真を撮っているうちに、同じ「赤」といってもピンクに近いのからオレンジ系まであるのがわかりました。

 

やはり、仕事の辛さがわかるようになると、紅葉の美しさもわかるようになる

のかな…

 

仔羊おばさん

 

理想と現実は確かに違うけどね

先日、同窓会である友人が、この写真の話をみんなにしていた。

「これ、みんなに言わなあかんと思ってん!」

f:id:from55life:20181113235854j:plain

右側の写真です。

池上彰さんがテレビ番組で紹介していたものです。

左側の方がローマ法王で、右の写真を新年かなにかの時に配って「反戦」を訴えておられたそうです。

右の写真は第二次世界大戦で、亡くなった弟を火葬するべく、その火葬場の列に並ぶ男の子の表情をとらえたもの。

 

私も、そのテレビ番組を見ていて、胸がふさがる思いがしました。

私も、人の子の親として、涙を禁じえませんでした。

 

人それぞれ、仕事に対する思い入れがあるでしょう。

ワタクシこと仔羊も、なんで日本語教師を「安い」とか「しんどい」とか言いながら続けてるのかというと、

留学生は世界に平和をもたらす存在だと信じている

からだ。

私は、自分の仕事を、平和に貢献できる仕事だと思っているのです。

これ、この業種を続ける原動力になってます。

同窓会で友人にこの写真を見せてもらって、また思いを新たにしました。

現実には、そりゃね。

授業中に寝てるだとか(それも熟睡)。

スマホでゲームしてたからスマホ没収とか。

宿題やってこんとか。

なんぼやっても成績伸びんとか。

わがまま放題。

むき出しの留学生の姿って、そうそう褒められたもんじゃない。

私の日常は、そんな学生たちとの格闘の連続で、決して「世界平和に…」みたいな理想を日々感じているわけではない。

けど。

やっぱりどこかに

平和につながる

そんな仕事だと、私は思っている。

f:id:from55life:20181104210437j:plain

仔羊おばさん

 

 

脳に酸素を! 脳に変化を!

昔、駆け出しの日本語教師だった頃は、よく帰りに本屋に寄っていた。

お目当てはマンガで、私は吉田秋生さんとかが好きだったから、そういうのを見に行ったりしていた。

当時でも立ち読みはあんまりできないようになっていたと思うから、主に雑誌とか見てたのかもしれない。なんか、ハッキリは覚えていないけど、いくつか雑誌は読めるのがあったのかなと思う。

子育て中は、昼休みに本屋に行ったら、たいてい子育てに関する本を立ち読みしていた。

40代後半くらいから、仕事上の悩みが結構出てきて、休みの日に本屋に行くと、この業界に必要な本とか、自己啓発書、ビジネス書なんかを読んだり買ったりするようになった。

かなり勉強になったし、考えも深まったけど、私はあまりこれはお勧めしかねる。

なんでかというと、結局、四六時中仕事のことを考えるようになり、

脳が休めない

からだ。

そういう点で、中高年以降になったら、仕事とは全く関連のない趣味を持つことが

気分転換をして、リフレッシュ

に大切なことだと感じます。

 

で、ワタクシ昨日は

f:id:from55life:20181111083408j:plain

行ってきました。

セレッソ大阪VS川崎フロンターレの一戦!

コーナーキックを蹴るのは、川崎の顔、中村憲剛選手!

f:id:from55life:20181111083721j:plain

実は、心の中では、川崎フロンターレの優勝を望んでおりまして、川崎が勝ったらいいなあなんて思ってはいたのですよ。

しかーし!

大阪生まれの大阪育ちのワタクシとしては、どうしても大阪を裏切るわけにはいかない!(>_<)

しかたない、薄紫のセーターを選び、(セレッソはちょっと濃いめの桜色、川崎は水色)

f:id:from55life:20181111083938j:plain

ヤンマースタジアムにはせ参じました!

ネーミングライツ

とかいうやつで、ヤンマースタジアム長居と名乗っていますが、

長居陸上競技場」ですよ、もともと。

 

心の中では「徳川、勝つやんな」と思いながら、「豊臣、裏切れんよな」と考えて死んでいった(?)大坂の陣の先人たちの姿が、自分に重なりました…。

ああ悲し、大阪人の性(さが)。

席は、セレッソサポーター側、「おひとり様」が幸いして、前から5列目のいい席でした。昨日は暑かったなー。

 

もっとも、昨日は「試合はセレッソの勝ち」でも「優勝したのは川崎」という、

なんつーか

もやっと半端

でも円満

みたいな結末でヨカッタです。

川崎のサポーターの方々には心から

おめでとう

をお送りします!

 

サッカー観戦は、周りに緑の多い場所にあることも多く、脳に酸素を注入するのにも良いです。

天気がいいと、ビタミンDも生成できます。

 

夜は高校時代の同窓会がありました。

服は昼間のサッカー観戦でジーンズだったので、ちょっと間抜けだったけど、

楽しくおしゃべりもできて気持ちに変化を持つことができました。

 

仕事ばかりじゃ煮詰まっちゃう。

 

仔羊おばさん

 

 

 

 

転職とリラックス②

今週のお題「リラックス」

ワタクシこと仔羊には、たぶん8回くらいの転職の経験がある。

その中でリラックスできるかどうかは、懐具合によるところが大きい。

在職しながらの転職活動は、時間が厳しいので、そうリラックスすることもできないが、退職してからの転職活動だと、時間はたっぷりあることが多いから、懐具合が許せば、きっと

ほっと一息つく

時間ぐらいはあるはずだ。

就職しちゃうと、何かと忙しくなっちゃうので、この際だからのんびりリラックスしたらいいと思う。

私の場合、ふだんはなかなか行かないところに行ったりした。

例えば海の見えるところに行ったりとかしたな。

大阪南港とか。

あと、ふだん行くショッピングモールのベンチに長々と座って本を読むとか。

その時のキモチって今でもよく覚えている。

まず、

仕事がないっていう、なんとも言えない

不安感

そして

浮揚感

もあった。めっちゃ「浮いてる」あの感じ。

f:id:from55life:20181109011957p:plain

自分はどこにも所属してない。

再就職できるんかどうかもわからない。

なんてっても40代で子供も小学生くらいだった時の就職活動ってかなりきつくて

履歴書は書いても書いても返ってきたし、たまーに面接にこぎつけても不採用だし。

そんなことが重なると、どんどん自信は失われていった…。

そういう時、海のそばで感じた、空気の流れ。

忘れ難いです。

ぼーっと空を眺めるのも、忙しい日常の中ではなかなかできません。

せっかくのチャンスと思って転職活動中、

空を見上げてほっとする。

f:id:from55life:20181104210437j:plain

就活中はそれが最良のリラックス法だった。

あれから15年。

今は人手不足の業界も多い。

チャンスの海は広がっている。

 

就活、うまくいきますように。

祈ってますよ。

仔羊おばさん